スキンケアで紫外線対策!日々の積み重ねが美肌につながる!

スキンケアで紫外線対策!日々の積み重ねが美肌につながる! スキンケア

肌のために紫外線対策をするなら、毎日正しいスキンケアをする必要があります。

スキンケアをしていないと、日焼け止めを塗っても紫外線の影響を受けてしまうことがあるのです。

紫外線対策を意識したスキンケアをして、美肌を維持しましょう。

当記事では、紫外線の影響を受けにくくするためのスキンケア方法を紹介します。

紫外線対策に必要なスキンケアとは?

紫外線対策に必要なスキンケアとは?

紫外線によるダメージを多く受けると、シミやシワ、乾燥などの肌トラブルにつながる可能性があります。

毎日のスキンケアによって、紫外線による影響を抑えることが可能です。

紫外線対策には、どんなスキンケアが必要か紹介します。

保湿ケアでバリア機能を維持する

紫外線による影響を受けにくくするには、肌のバリア機能が正常に機能する必要があります。

バリア機能が正常に働くことで、紫外線やウイルスなどの外部刺激から肌を守ったり、水分の蒸発を防いだりすることができます。

しかし、肌が乾燥しているとバリア機能が衰えてしまい、紫外線によるダメージを受けやすくなるのです。

紫外線の影響を受けると、バリア機能はさらに低下して、肌が乾燥しやすくなります。

紫外線から肌を守るためには、毎日のスキンケアでしっかりと保湿して、正常なバリア機能を維持することが大切です。

バリア機能を保つためには、皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質の3つの成分が必要です。

細胞間脂質の水分を保持する働きは、主にセラミドという成分が担っています。しかし、セラミドは加齢や乾燥によって減少してしまいます。

バリア機能を維持して紫外線から肌を守るためには、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧品を使い、肌に潤いを与えることが大切です。

有効成分が配合されたアイテムで美白ケアをする

紫外線による影響を抑えて美肌を維持するためには、美白有効成分(ビタミンC誘導体やアルブチンなど)が配合されている医薬部外品を使ってケアをすることをおすすめします。

美白有効成分は、メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミやそばかすを抑える効果が期待できる成分で、厚生労働省の認可を受けています。

美白ケアに使える医薬部外品の化粧品には、美白有効成分が一定の濃度で配合されています。

美白有効成分の一つのビタミンC誘導体は、シミの予防だけでなく、ハリのある肌を維持したい人におすすめの成分です。

美白有効成分には、他にもアルブチンやトラネキサム酸、プランセンタエキスなどさまざまな種類があります。

紫外線の影響を抑えて若々しい印象の見た目を保ちたい方は、美白有効成分と保湿成分の両方が配合された基礎化粧品を使うことをおすすめします。

紫外線対策のためのスキンケア方法

紫外線対策のためのスキンケア方法

洗顔をした後は、乾燥を防ぐためになるべく早めに肌の保湿ケアを行いましょう。

化粧水は手のひら全体を使って、肌を優しく包み込むように押さえてなじませます。

化粧水をつけるときに肌をこすったり叩いたりすると、肌に負担をかけてしまい、乾燥の原因につながるので注意しましょう。

肌のバリア機能を保つためには、化粧水だけでなく油分を含む乳液やクリームも使い、潤いが逃げるのを防ぐことが大切です。

乳液やクリームをつけるときも、肌をこすらないように注意しながら優しく塗りましょう。

乾燥が気になる部分には、重ね付けをすることをおすすめします。

スキンケアが終わったら、メイクをする前に、顔全体に日焼け止めを塗りましょう。

紫外線は、春から夏の時期だけでなく一年中降り注いでいます。

紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めは毎日塗ることが大切です。

日焼け止めは、汗や皮脂などで落ちることがあるため、2~3時間おきに塗り直すようにしましょう。

日々のスキンケアで紫外線に負けない肌を目指そう

毎日のスキンケアで肌に潤いを与えることで、バリア機能を維持して紫外線による影響を抑えられます。

紫外線対策のために使う基礎化粧品は、セラミドなどの保湿成分や、ビタミンC誘導体などの美白成分が入ったものがおすすめです。

やさしく丁寧にスキンケアをして、紫外線によるダメージを受けにくい美肌を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました