大人ニキビの原因は?思春期ニキビとの違いと正しいケア方法

大人ニキビの原因は?思春期ニキビとの違いと正しいケア方法 スキンケア

10代の頃にできる思春期ニキビと、20代以降にできる大人ニキビは、ニキビができる原因に違いがあります。
大人ニキビができないように予防するためには、大人ニキビができる原因や特徴を知り、正しく対処することが重要です。
そこで、大人ニキビの特徴や思春期ニキビとの違い、大人ニキビの対処法について紹介します。

大人ニキビの特徴と思春期ニキビとの違い

大人ニキビの特徴と思春期ニキビとの違い

大人ニキビの特徴と、思春期ニキビと異なるポイントについて解説します。

大人ニキビとは

大人ニキビとは、一般的に20歳以上の人にできるニキビを指します。大人ニキビは、首や顎といったフェイスラインや、頬にできることが特徴です。

思春期ニキビは何が違うの?

思春期のニキビは、ホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌が原因でできることが特徴です。そのため、鼻や額など皮脂が過剰分泌しやすい箇所にできます。
つまり、大人ニキビと思春期ニキビでは、ニキビができる位置に大きな違いがあるのです。

また、思春期ニキビは数年でできなくなりますが、大人ニキビは1度症状が治まっても再度同じ場所にニキビができることもあるでしょう。大人ニキビの場合、数年で症状が治まることなく繰り返しニキビができるケースも珍しくありません。

大人ニキビができる主な原因と対処法

大人ニキビができる主な原因と対処法

大人ニキビができる原因は様々であり、生活習慣とも関連性が深いとされています。そのため、何度も症状を繰り返してしまうのです。

大人ニキビができる原因は個々のライフスタイルごとに異なりますが、主な原因として考えられるものを紹介します。また、大人ニキビができる原因ごとの対処法と注意点もチェックしておきましょう。

乾燥

肌の表面にある角層は、肌に必要な水分を保持することで外部刺激から肌を守っていることが特徴です。角層が外部刺激から肌を守る機能は「バリア機能」と呼ばれます。
しかし、乾燥や紫外線、摩擦によってバリア機能が低下するため注意が必要です。バリア機能が低下することで、肌を守るために自然と角層が厚くなり、古い角質の蓄積や毛穴詰まりによって大人ニキビができます。

特に、肌の乾燥には注意しましょう。大人ニキビは、フェイスラインといった皮脂腺が少ない箇所に発生しやすいことが特徴です。そのため、洗顔をした後は化粧水や乳液を使用してケアし、肌の乾燥やバリア機能低下を予防する必要があります。

肌の新陳代謝の乱れ

精神的なストレスや睡眠不足、栄養バランスが崩れた食事をしていることが原因で、肌の新陳代謝が乱れるため注意が必要です。

健康な肌は一定期間で細胞が生まれ変わるため、健康で潤いのある肌を維持しています。しかし、肌の新陳代謝に不可欠な栄養素が不足していたり、新陳代謝が活発になる夜間に眠れていなかったりすると、古い角質が蓄積したままになるのです。
そのため、毛穴が詰まり、大人ニキビの発生につながります。

汚れの蓄積

仕事や家事が忙しいと、1日の終わりにしっかり洗顔をしなかったり、メイクを落とさずに寝てしまったりすることもあるでしょう。
メイクや日焼け止めの成分、チリやホコリなどの汚れや皮脂、汗を洗い流さずに就寝すると、汚れが毛穴に詰まるため大人ニキビができます。
1日の最後に洗顔をして汚れを落とし、乾燥しないようにスキンケアをすることが大切です。

ただし、1日に何度も洗顔をすると摩擦や刺激で皮脂が過剰分泌されるため注意しましょう。過度に洗顔せず、洗顔をする際には優しく丁寧に洗うことがポイントです。

大人ニキビの原因を知って正しくスキンケアをしよう

大人ニキビは、睡眠や食事、スキンケアなど、生活習慣が原因でできるケースが多いです。自分でも気付かない些細なことが、大人ニキビの原因になることもあります。
大人ニキビは思春期ニキビとは異なり、皮脂の過剰分泌だけではなく角質の蓄積、毛穴詰まりなどが原因でできることが特徴です。日ごろの生活習慣を見直し、規則正しいライフスタイルを意識しながら、大人ニキビの改善を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました