インナードライの肌質におすすめの化粧水は?特徴別に使い分けよう

化粧水

インナードライの肌質におすすめの化粧水は?特徴別に使い分けよう

インナードライの肌質には、うるおいを与える化粧水を使えば良いと感じている方も多いのではないでしょうか。
実はインナードライの肌質の特徴にわけて、化粧水を選ぶことが大切だったのです。
今回は、インナードライの肌質におすすめの化粧水についてご紹介いたします。

インナードライにおすすめの化粧水とは?まずは肌タイプを知ろう

インナードライの肌質は「皮脂量が多い」脂っぽい方と、すぐに「水分量が蒸発する」カサカサ肌の2タイプに分けられます。

皮脂量が多い方は、化粧崩れが頻繁に起きたり、肌のテカリが目立ったりすることが多いです。
原因は、洗顔の際にゴシゴシと肌に強い力を加えていることが挙げられます。
洗顔を今以上に丁寧に行ったり、保湿に力を入れたりすることで、肌を良好な状態に近づけることができます。

水分量が蒸発する方は、笑った時に肌がつっぱる感じを覚えたり、小じわが気になったりする方が多いです。
原因は、生まれつきの肌質の持ち主であったり、スキンケアのお手入れを簡単に済ませていたりすることが挙げられます。
保湿に力を入れることはもちろん、水分量を保護するための「美容液」「乳液」アイテムも使うことが大切です。

自身の肌質を知らないまま「良いな」と感じた化粧水を手に取り使うと、肌トラブルを引き起こす恐れがあります。
場合によっては、ニキビや吹き出物が出てくることもあるでしょう。

インナードライにおすすめの化粧水を知る前に、自身の肌質をチェックすることが大切です。

インナードライにおすすめの化粧水とは?押さえておくポイントとは

インナードライの方におすすめの化粧水は、保湿力が期待できるアイテムです。
インナードライの大敵は肌の乾燥と言われています。
肌に十分なうるおいを与えることができないと過剰な皮脂量が分泌しやすく、さらに脂っぽい肌質になるなど、悪循環に陥りやすいです。
「セラミド」「ヒアルロン酸」の高い保湿が期待できる美容成分が配合された、化粧水をすすんで手に取るようにしましょう。
美容成分はパッケージの裏に書かれていることが多いですが、詳しい内容は公式ホームページでもチェックすることができます。

また、肌に低刺激とされる化粧水を手に取る方法もおすすめです。
「添加物」が含まれた化粧水は、使う人によっては肌に痒みが生じたり、赤みが目立ったりすることがあります。
皮脂量が増加するなど、インナードライの肌質を悪化させる恐れもあるので注意してください。
低刺激の化粧水がどれかわからない方は、敏感肌用と謳っているアイテムを手に取るのも良いでしょう。
オーガニックの化粧水は、自然由来のものが多く、肌に優しくなじむことが多いです。

インナードライにおすすめの化粧水とは?人気アイテムについて

インナードライにおすすめの化粧水は「グリセリルグルコシド液」が含まれたアイテムです。
高い保湿力があると言われている美容成分のため、インナードライ肌質の方にぴったりです。
肌のたるみ予防にも一役買うので、エイジングケアとしても使えるアイテムとなります。

インナードライの肌質には、さらっとしたつけ心地の化粧水より、オイル状のしっとりしたアイテムもおすすめです。
肌にうるおいを与えることはもちろん、肌の内側にかけて集中的なケアができます。

インナードライにおすすめの化粧水は、保湿を重視したアイテムです。
また、高価すぎない、持続して使い続けやすい値段のアイテムを選ぶことも大切です。

インナードライにおすすめの化粧水は「保湿」に力を入れたアイテム

インナードライの肌質におすすめの化粧水は、肌の乾燥を防ぐとされる、保湿力があるアイテムです。
肌の内側にかけて、みずみずしい感触を与えられるアイテムは重宝します。
スキンケアアイテムを購入する前に、保湿力が期待できる「セラミド」「グリセリルグルコシド液」の成分が含まれたアイテムかチェックしましょう。

※参考:https://monocil.jp/lotion/article/osusume-inner-dry/
https://www.biteki.com/skin-care/trouble/318639

コメント

タイトルとURLをコピーしました