再生医療とは?アンチエイジングでキレイな肌をキープ

再生医療とは?アンチエイジングでキレイな肌をキープ スキンケア

再生医療では、自分の血液から肌のシワやたるみ・凹凸部分に対して、美容の働きを促進することができます。
再生医療の技術は、アンチエイジングに力を入れている方にこそ朗報です。
今回は、再生医療の基本知識、メリットについてご紹介いたします。

再生医療とは?基本知識について

再生医療とは、身体をはじめとした肌の組織を再生することを目的とした医療技術です。
失われた身体の組織を修復させることを目指すために、日々研究が重ねられています。
名前の通り、もともとある細胞を再生させる技術となるため、アンチエイジングにも役立つ期待が寄せられています。
人の身体はおよそ60兆個の細胞から作られていますが、少しの肌を作るためにも億を超える細胞が必要です。
再生医療の技術は、身体の中から取り出した細胞を増やしていくところから始まります。
順調に細胞を増やすことに成功しても、体内で働く役目が確認できなければ意味がありません。
つきまして、細胞を増やしながら、働きを維持する再生医療が期待されています。

まだまだ未知数な部分はありますが、再生医療は形成外科でも使われている施術の一つとなります。
アンチエイジングに関心を持つ方ほど、再生医療の基本知識に注目していきたいところです。

再生医療とは?細胞の種類について

再生医療を通して、体の組織を再生するためにもちいられる幹細胞は3つの種類に分けることができます。
「体性幹細胞」「ES細胞」「iPS細胞」です。

「体性幹細胞」は他の細胞に変化できる特徴と、自身の細胞自体を複製できる力があります。
つきまして、再生医療を通して「体性幹細胞」を使っても、数そのものは変化することがないメリットがあるのが特徴的です。

「ES細胞」は別名「胚性幹細胞」です。
「ES細胞」は人工的に形成された特徴があり「体性幹細胞」同様、他の細胞に変化することができます。
受精卵の胚盤胞にある、内部細胞塊をもとに作られました。

「iPS細胞」も研究をもとに作られた人工的な細胞で、血液などから細胞を摂取して培養していきます。

細胞同士を組み合わせて、文化誘導することで、シミや小じわ、たるみなど、肌の悩みをカバーできるため、老化した部分を修復させるために役立てられます。
再生医療は、アンチエイジングに関心がある方におすすめの医療施術と言えるでしょう。

再生医療とは?メリットについて

再生医療のメリットは、美容面に役立つことです。
形成外科などでは、自身の血液をもとに、肌トラブルの悩みをカバーする施術をしていることがあります。
目のくま、たるみにより、顔色が暗いイメージを持っている方でも、再生医療を通して理想の自身像に近づけることができます。

また、周りに違和感を与えず、自然な若返りできるメリットがあるのが特徴的です。
少しずつ、肌を修復していく仕様となるため、年齢相応の肌の改善が期待できます。
顔全体はもちろん、首元、手元などにも再生医療の技術を適用することができます。
施術時間も1日を通してかかるイメージがありますが、ものの短時間で終わるのも魅力の一つです。
1つの部位である場合、30分程度で施術か終わります。
しかし、さまざまな部位に施術をする場合、ポイントにより時間がかかる点に注意してください。
他にも、一度の施術で効果が3年以上持続しやすい点も再生医療のメリットとなります。
再生医療は、キレイな肌を目指すことができる、アンチエイジングを目的とした方にぴったりな医療技術です。

再生医療とは?形成外科でも使われているアンチエイジングの技術

再生医療は、自身の細胞から老化した組織を修復する医療技術です。
美容面に関しても、アンチエイジングに役立つ期待が寄せられています。
再生医療をもちいることで、肌のくすみ、こじわなどをカバーすることができます。
自然な若返りができるため、周りの人に違和感を与えにくいメリットがあります。

※参考:http://saisei-navi.com/hiza/regenerative_medicine/story/
https://www.healios.co.jp/regenerative-medicine/
https://www.biyougeka.com/contents/antiaging/p_prp/
https://granpro-clinic.com/blog/merit/

コメント

タイトルとURLをコピーしました