大人ニキビのケアには化粧水が必須!化粧水の選び方を肌質別に解説

スキンケア

20代以降にできる大人ニキビは、何度も繰り返しできることが特徴です。メイク乗りが悪くなり、ニキビができると気持ちも沈むなど、大人ニキビに悩む人も多いのではないでしょうか。
そこで、大人ニキビの主な原因と、スキンケアに必須の化粧水の選び方について解説します。

大人ニキビの予防は乾燥対策が大切

大人ニキビの原因は様々ですが、特に乾燥が原因でできるケースが多いです。肌が乾燥することで外部刺激を受けやすくなり、皮脂が過剰分泌されてニキビができることがあります。

また、肌が乾燥すると、体が肌を守ろうとするため角層が厚くなり、古い角質が剥がれずに蓄積することで毛穴詰まりを起こすケースも少なくありません。
肌が乾燥して皮脂が過剰分泌されたり毛穴が詰まったりすることで、大人ニキビができます。

大人ニキビのケアに必要な化粧水のチェックポイント

大人ニキビの改善や予防には、肌の乾燥対策が必須です。肌の乾燥を予防するための基礎化粧品である、化粧水の選び方を紹介します。

ニキビテストを行っているものを使う

大人ニキビができている肌に使用する化粧水は、ニキビテスト(ノンコメドジェニックテスト)を行っているものを選びましょう。ニキビテストとは、大人ニキビの初期症状である黒ニキビや白ニキビができにくいかどうかをテストするものです。
テスト済みと記載されている化粧水は、ニキビができにくいことが認められています。
そのため、大人ニキビができている肌に使用したり、大人ニキビの予防のために取り入れたりするのに適しているのです。
ただし、確実にニキビができない化粧水は存在しないことを認識しておきましょう。

抗炎症成分配合が配合されているか確認

大人ニキビができている場合は、抗炎症成分であるグリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸ステアリルが配合された化粧水を使用しましょう。
抗炎症成分はニキビの炎症を抑える作用があるため、症状の悪化を防ぐ効果が期待できます。

肌質別!大人ニキビケアに使う化粧水の選び方

大人ニキビのケアに使用する化粧水は、肌質ごとに最適な製品が異なります。そこで、肌質別の化粧水の選び方もチェックしておきましょう。

脂性肌

脂性肌は皮脂が過剰分泌されているため、皮脂の分泌を抑えつつ潤いをキープできる化粧水を使用しましょう。
一般的な化粧水だけではなく、拭き取るタイプの化粧水を取り入れることがポイントです。また、肌が乾燥していることが原因で皮脂が過剰に分泌しているケースもあるため、化粧水で肌を整えた後はしっかり保湿しましょう。

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌や敏感肌は、肌の皮脂と水分が大幅に減少している状態です。そのため、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの高い保湿効果が期待できる成分が配合された化粧水を使用しましょう。
また、添加物が多く含まれる化粧水を使用すると炎症を起こすことがあるため、「敏感肌用」「低刺激」といった表記がある化粧水を使用すると安心です。

混合肌

混合肌は、小鼻や額は皮脂が過剰分泌されており、頬が乾燥することが特徴です。
混合肌は水分不足が原因で乾燥しているケースが多いため、皮脂を抑えるよりも保湿を重要視しましょう。保湿成分が多く含まれる化粧水を取り入れることが大切です。

肌質に適した化粧水で大人ニキビをケアしよう

大人ニキビのケアに使用する化粧水は、ニキビができにくいことが認められているもの、抗炎症作用があるものを使用することがポイントです。
また、肌質ごとに適した化粧水は異なります。大人ニキビに効果が期待できる化粧水や、自分の肌質に合う化粧水を使用して大人ニキビを予防しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました