大人ニキビのケアに最適な市販薬の選び方!ニキビの症状別に正しく選ぼう

スキンケア

20代、30代を過ぎて、繰り返し大人ニキビができることに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。大人ニキビを含め、正しくスキンケアしなければニキビ跡が残るため注意しなければなりません。そこで、薬を使用して大人ニキビをケアする方法を紹介します。

大人ニキビの主な症状と特徴

大人ニキビは、口元や顎、頬などのフェイスラインにできやすく、顔だけではなく背中や肩にできることも多いです。基本的に、皮脂腺が少ない場所や乾燥しやすい場所にできる傾向にあります。

大人ニキビができる原因には、ライフスタイルやスキンケアが大きく影響していることが特徴です。例えば、スキンケア方法が間違っている、生活習慣が乱れているなどが挙げられます。
また、睡眠不足や精神的なストレス、栄養バランスが崩れた食事、喫煙が原因で、肌の新陳代謝が行われないケースも多いといえるでしょう。新陳代謝が行われなければ、肌表面に古い角層が残るため角層が厚くなるので毛穴が詰まります。

加えて、新陳代謝が乱れることで肌が乾燥するほか、誤ったスキンケアや外気の乾燥が原因で肌が乾燥すると、肌を守る機能が低下するため注意が必要です。肌を守る機能が低下すると、身体の防御反応によって更に角層が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなるので大人ニキビができます。

大人ニキビを治す方法とは

思春期ニキビ、大人ニキビともに、ニキビは毛穴内部の皮脂腺から皮脂が外に排出されなくなっている状況です。
毛穴に汚れが詰まることや、皮脂の過剰分泌、ニキビの原因であるアクネ菌が増えることなど、様々な原因が挙げられます。

ニキビは保険が適用される病気でもあり、皮膚科での医療費一部負担で診察してもらうことも可能です。しかし、毎日忙しく皮膚科に通えないという人も多いでしょう。

大人ニキビの症状が軽度であれば、市販薬でケアする方法が有効です。市販薬を使用する場合、ニキビの状態に合わせて薬を選びましょう。

大人ニキビの症状別に見る最適な市販薬の選び方

大人ニキビの症状別に、ニキビの特徴や市販薬の選び方を紹介します。

赤ニキビ

赤ニキビは、肌が炎症を起こして赤くなっている状態を指します。
毛穴が詰まって皮脂が排出されなくなると毛穴の下で皮脂が溜まり、肌に存在するアクネ菌が皮脂をエサに繁殖することが特徴です。
アクネ菌は炎症を引き起こす物質を作るので、赤ニキビを対処しなければ炎症が悪化します。

赤ニキビには、アクネ菌を含め細菌の増殖を抑制する薬や、炎症を抑える薬を使用しましょう。

白ニキビ

白ニキビは、毛穴が詰まり皮脂が排出されていない状態ですが、炎症は起こしていない状態のニキビを指します。
そのため、市販薬を使用しなくても洗顔とスキンケアのみで治せる可能性が高いです。

市販薬を使用する場合には、アクネ菌を含めた細菌が増えないように予防できる、殺菌成分が配合されたものを使用すると良いでしょう。

黄色ニキビ

黄色ニキビは、膿が溜まっている状態のニキビを指します。
膿をつぶしたり、膿が溜まったまま放置したりすることで、ニキビ跡ができるケースが多いです。
黄色ニキビができている場合、市販薬だけで治すのは難しいため皮膚科で治療を受けましょう。

大人ニキビの症状に合わせて市販薬や治療法を選ぼう

大人ニキビができる原因は様々であり、1度治っても繰り返しニキビができるケースも少なくありません。大人ニキビができた場合には、ニキビの状態を確認したうえで最適な市販薬を選ぶこと必要があります。
大人ニキビができた際に正しくケアしなければ、肌にニキビ跡が残ってしまうため注意が必要です。
市販薬で大人ニキビをケアしながら、大人ニキビを予防するためにスキンケア方法と生活習慣を見直しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました