大人ニキビの症状別スキンケア方法!適切なケアで大人ニキビの悪化を防ごう

スキンケア

大人ニキビを悪化させないために、また、大人ニキビを予防するためには、正しい方法でスキンケアをすることが大切です。
そこで、大人ニキビの改善や予防を目指したスキンケアの方法、大人ニキビの状態別のスキンケアのポイントを紹介します。大人ニキビを繰り返さないよう、正しいスキンケア方法を身に付けましょう。

大人ニキビの症状別スキンケア方法

大人ニキビは、皮脂が過剰分泌したり汚れで毛穴が詰まったりすることで起こります。毛穴の内部にある常在菌が増えると、毛穴の中で炎症を起こしてニキビの症状が悪化することが特徴です。
そこで、大人ニキビが炎症を起こす前と炎症を起こした後、それぞれのスキンケアのポイントを紹介します。

炎症を起こす前の大人ニキビのスキンケア方法

肌の角層が厚くなることによって、毛穴の内部に古い角質や皮脂が溜まることが特徴です。皮脂やタンパク
質が皮膚の中に蓄積することによって、白いニキビができます。
さらに、毛穴に皮脂が詰まって酸化したり毛穴が開いたりすることによって、黒ニキビになるケースも多いでしょう。

炎症を起こす前の大人ニキビのケア方法は、皮膚科で専門的な治療を行いタンパク質や皮脂、酸化した汚れを取り除く方法があります。
また、古く蓄積した角質を除去し、肌の新陳代謝をサポートするピーリングや、毛穴詰まりや炎症にアプローチする市販薬などを使用する方法も有効です。

大人ニキビを予防するために行うスキンケアとしては、正しい洗顔方法で肌を清潔な状態に維持することや、化粧水、乳液を活用して肌表面の油分と水分のバランスを安定させることが挙げられます。
加えて、肌を守る機能を低下させないことが重要です。

白ニキビや黒ニキビの場合は、「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載されている化粧水を使用してスキンケアをすれば、大人ニキビの症状を抑えるに効果が期待できます。「ノンコメドジェニックテスト済み」は、ニキビができにくいことが認められた化粧品に表記されるものです。

なお、大人ニキビを爪で潰すと雑菌が繁殖し、大人ニキビが大きくなったり炎症を起こしたりする場合があるため注意が必要です。

炎症を起こしている大人ニキビのスキンケア方法

大人ニキビが炎症を起こし、患部や患部周辺が赤くなっている場合には、毛穴の内部で菌が増殖している状態です。

炎症した状態で放置すると膿ができたり色素沈着を起こす紫色のニキビになったりするうえに、炎症を起こした部分の皮膚組織が壊れ、ニキビ跡になる場合もあるため注意しなければなりません。
市販薬や病院で処方される内服薬などを使用し、すぐに炎症を抑えるようにしましょう。
また、大人ニキビの原因である皮脂の過剰分泌や、毛穴詰まりを予防するために丁寧に洗顔することも大切です。

大人ニキビを予防する方法

肌環境は、ライフスタイル によって左右されることが一般的です。そこで、大人ニキビの原因から見る予防方法を紹介します。

食生活を見直す

栄養バランスが乱れた食事をとっていたり、揚げものや甘いものなどを多く摂取していたりすると、皮脂が過剰分泌されます。
ビタミン類は皮脂の過剰の分泌量のバランスを整える効果が期待できますが、ビタミン類をしっかり摂取していないと脂質を体内で代謝できなくなり、皮脂の過剰分泌につながります。
美肌に効果が期待できる栄養素をしっかり摂取できているかどうかを見直し、栄養素を摂取できていない場合には食生活の改善を検討しましょう。

生活習慣を改善する

大人ニキビを予防するためには、日ごろから十分な睡眠をとって、精神的なストレスをためないように意識することが大切です。
大人ニキビは精神的なストレスが影響し、症状が悪化する場合もあります。

精神的なストレスを感じると、男性ホルモンのひとつであるアンドロゲンが分泌されるとこが特徴です。アンドロゲンは皮脂の過剰分泌につながり、大人ニキビの原因になるため注意しましょう。

日々のスキンケアで大人ニキビの改善と予防を目指そう

自宅で行うスキンケアでは、大人ニキビの炎症を抑えられるように、肌を清潔に保つことが重要です。大人ニキビが炎症を起こしているのか、炎症を起こす前の初期段階なのかによって、スキンケアの方法は異なります。
そのため、大人ニキビの状態を確認して適切なスキンケアを取り入れることが大切です。
加えて、食生活や生活習慣を整え、健康な肌を維持しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました