大人ニキビの直し方!スキンケアの重要ポイント2つと注意点

スキンケア

睡眠不足や精神的なストレス、生活習慣が乱れている、スキンケア方法が間違っているなど様々な原因で、大人になってから頻繁にニキビができるというケースも少なくありません。
そこで、大人ニキビの直し方、正しいスキンケア方法を紹介します。

大人ニキビの直し方!スキンケアのポイント

大人ニキビが繰り返しできてしまう場合は、スキンケア方法や生活習慣を見直すことが大切です。そこで、大人ニキビをケア・予防するためのポイントを紹介します。

①洗顔はこすらず丁寧に行う

肌の汚れや皮脂を除去するためには、しっかり洗顔をすることが大切です。
ただし、皮脂を洗い流そうとして擦るように顔を洗ったり、1日に何度も洗顔したりするのはやめましょう。
洗顔をする際には、摩擦を軽減するために泡立てた洗顔料を使用することがポイントです。指と顔の間に洗顔料の泡を挟むようにして、泡で顔を洗います。
顔をすすぐ際には、ぬるま湯を使用して髪の生え際や顎など、洗い残しがないようすすぎましょう。最後は、きれいなタオルで優しく押さえるようにして水気を拭き取ります。
メイクをしている場合には、クレンジングオイルでメイクの成分を落としてから、洗顔料でクレンジングオイルを洗い流しましょう。

②洗顔後には保湿ケアをする

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因でできるものですが、大人ニキビは肌の乾燥が原因でできることが多いです。
肌が乾燥すると、肌本来の防御機能が低下し、外部刺激が原因で大人ニキビができることもあります。肌の乾燥や肌の防御機能低下を予防するために、洗顔をした後すぐに保湿ケアをすることが大切です。大人ニキビをケアするための保湿美容液は、油分が少なく低刺激性のものを使用すると良いでしょう。化粧品のなかでも、「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載されている商品は、大人ニキビができにくいことが認められている化粧品です。自分の肌質や、大人ニキビの状態に適した化粧水や乳液を選びましょう。

保湿ケアをする際には、きれいに洗った手に化粧品を出して、肌を優しく押さえるようにして浸透させます。肌を叩いたり擦ったりと刺激しないように注意が必要です。

大人ニキビが悪化する!スキンケアの注意点

スキンケアの方法を誤ると、大人ニキビが悪化したり大人ニキビを繰り返したりするため注意が必要です。そこで、大人ニキビの直し方と同時にチェックしておきたい、スキンケアの注意点を紹介します。

過度な洗顔をしない

肌を清潔な状態に保つことは重要ですが、1日に何回も洗顔をしないよう注意が必要です。皮脂を洗い流すために何度も洗顔をすると、肌を守るために必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。
結果、肌が乾燥し、肌の乾燥を防ぐために皮脂が過剰分泌されるという悪循環に陥るため注意しましょう。

メイク道具を洗う

メイクに使用するスポンジやパフ、ブラシは肌に触れるものであり、雑菌が繁殖しやすいアイテムです。そのため、常に清潔にしておかなければ、メイクをした際に雑菌が肌に付着して大人ニキビの発生につながります。
こまめに洗うか、使い捨てできるパフやスポンジを使用しましょう。

クレンジングオイルはすぐに洗い流す

クレンジングオイルを肌につけたまま放置すると、洗浄成分や添加物が原因で肌に負担がかかり、肌が乾燥します。肌の乾燥や、肌への負担を軽減するためにも、クレンジングオイルはすぐに洗い流しましょう。

大人ニキビの直し方のポイントは正しいスキンケア

10代は皮脂の過剰分泌が多くなることや、ホルモンバランスの変化によってニキビができやすいことが特徴です。10代の頃はニキビに悩んでいても、大人になって徐々にニキビができにくくなったという人も多いでしょう。
しかし、20代、30代になっても繰り返し大人ニキビができる場合は、スキンケア方法を見直す必要があります。

大人ニキビの直し方としては、正しいスキンケアをすること、大人ニキビが悪化するような誤ったスキンケアを止めることが大切です。大人ニキビの直し方のポイントとスキンケアの注意点を押さえて、健康で美しい肌を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました