大人ニキビの治療法は?皮膚科で行われる治療法と診療の流れ

スキンケア

大人ニキビをセルフケアするのではなく、皮膚科で専門的な治療を受けるべきなのか悩む人も多いでしょう。大人ニキビを皮膚科で治療する場合、ニキビの症状別に治療方法が異なることが特徴です。
そこで、大人ニキビを皮膚科で治療する方法と、治療の流れについて解説します。

皮膚科で大人ニキビを治療する際のポイント

大人ニキビをケアできる美容器具や、ドラッグストアで化粧品を購入するのとは異なり、病院を受診するのは面倒だと感じる場合もあるでしょう。
しかし、皮膚科の専門医は、大人ニキビの症状が軽い人や大人ニキビの症状が重い人など様々な患者を見ており、治療経験も豊富です。

そのため、大人ニキビをスピーディーに直し、ニキビ跡残さないためにも皮膚科を受診することが皮膚科を受診することが大切です。

また、大人ニキビは繰り返しできるものであり、治療を途中で止めてしまっては意味がありません。1回治療しただけでは治らないため、長期的に通院しなければならない場合もあるでしょう。
そのため、職場の近くや自宅の近くなど、通いやすい場所の皮膚科を受診することが大切です。

大人ニキビの症状別の治療法

大人ニキビの症状別の特徴や、皮膚科での治療法について紹介します。

白ニキビの特徴と治療法

白ニキビとは、毛穴に皮脂や汚れが詰まり、肌の内側から盛り上がった状態を指します。白ニキビはニキビの初期症状であり、すぐにケアをしなければ炎症を起こして赤いニキビに進行することが特徴です。スキンケアや洗顔、保湿など正しいスキンケアを行うことにで、白ニキビを改善できる可能性が高いでしょう。
また、白ニキビの段階で改善できれば、ニキビ跡を予防することにもつながります。
白ニキビを皮膚科で治療する場合の主な治療方法としては、ピーリングや内服薬での治療のほか、レーザー治療などが行われる行なわれることが一般的です。

赤ニキビの特徴と治療法

炎症を起こしたニキビは赤ニキビと呼ばれ、皮脂が過剰分泌されることで毛穴が詰まり、ニキビの元であるアクネ菌が増殖している状態です。
炎症を起こしており、赤く腫れてしまいます。炎症が悪化すると膿が溜まって膨れるので、触れると痛むことがあるでしょう。
また、症状が悪化して熱を持つケースも少なくありません。
炎症を起こした赤ニキビの主な治療方法は、レーザー治療や光治療のほか、内服薬で体の内側から治療する方法も挙げられます。

ニキビ跡の治療法

大人ニキビの炎症が治まった後に、ニキビ跡ができてしまうことがあります。
色素沈着を起こしていたり、毛穴が開いた状態になったり、毛穴の周辺まで陥没しクレーターのようになっていたりするなど、ニキビ跡の種類は様々です。
ニキビ跡の治療方法は、色素沈着を起こしているのかクレーター状になっているのかなど症状によって異なります。基本的にはレーザー治療や光治療、ピーリングのほか、美容注射でニキビ跡を目立たなくするといった治療が可能です。

大人ニキビを皮膚科で治療する場合の流れ

皮膚科で大人ニキビの治療を受ける場合の、一般的な治療の流れについて紹介します。

ヒアリング

大人ニキビができた時期や、思い当たる原因、ライフスタイルや体調についてヒアリングを行います。自分のライフスタイルについて話すのは恥ずかしいと感じる場合もありますが、隠さずに正しく伝えることが大切です。

検査を行う

大人ニキビの症状によっては、ホルモンバランスを調べたり血液検査をしたりするケースがあります。

大人ニキビの治療方法を提案

ヒアリングした内容をもとに、担当の医師が大人ニキビの治療のスケジュールや目標を決めます。
大人ニキビの治療は、内服薬の処方から始まることが一般的です。症状に適した薬を処方されますが、白ニキビの場合にはニキビの元になっているコメドと呼ばれる物質を圧迫して取り出す処置が施されるケースもあります。

処方する薬の使い方を説明

内服薬や塗り薬など、薬が処方される場合には、使用方法を説明されます。正しい使い方をしなければ大人ニキビの治療効果が期待できないため、医師の説明をしっかり聞き、使用方法を守りましょう。
また、大人ニキビ治療をするうえで、生活習慣や、洗顔・スキンケア方法に関するアドバイスをされることもあります。

皮膚科での大人ニキビ治療は1日で終わらない

皮膚科で大人ニキビを治療する場合、症状ごとに長期スパンで治療のスケジュールを立てることが一般的です。
特に、敏感肌や乾燥肌の人は、肌の状態を整えたうえで大人ニキビの治療を進めることもあり、大人ニキビの治療そのものだけではなく様々な治療を組み合わせることも少なくありません。

大人ニキビは皮膚科での治療を検討しよう

皮膚科で大人のニキビの治療をする場合、大人ニキビの状態や種類のほか、治療を受ける人の体質、肌質やライフスタイルによって治療方法は異なります。
信頼できるかかりつけの医師を見つけ、悩みを相談して治療を進めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました