アンチエイジングとは?若々しい印象を維持するための方法も紹介

スキンケア

健康的な体や肌を維持して、年齢を重ねても元気に活動したい方には、アンチエイジングを意識した取り組みを行うことをおすすめします。

当記事では、アンチエイジングの意味や老化の原因、アンチエイジングの方法などについて紹介します。

アンチエイジングとは?

アンチエイジングとは、若々しさを維持することや、若さを保つための取り組みを指します。

人の肌や体は、年齢を重ねていくことで、シミやシワなどのエイジングサインが現れたり、筋力が低下しやすくなったりします。また、疲れが取れにくくなったり、やる気が出にくくなったりすることもあります。

人は、老化を完全に止めて若返ることはできません。しかし、アンチエイジングを意識した取り組みを行うことで、老化を促進する原因を少しでも減らし、老化のスピードを緩やかにすることが期待できるのです。

老化の原因とは

人の体が老化するのは、様々な原因が絡んでいると考えられています。当記事では、老化の原因として考えられているものを4つ紹介します。

活性酸素による酸化

人は呼吸によって酸素を取り込むと、体内で一部の酸素が「活性酸素」に変わります。活性酸素は強い酸化力をもち、体内に侵入したウイルスと戦ってくれます。
しかし、ストレスや紫外線などの影響で活性酸素が増加すると、問題のない細胞までダメージを与え、機能を低下させる恐れがあるのです。

人の体には、活性酸素による影響を抑える「抗酸化作用」があります。ですが、体の抗酸化力は20代がピークです。20代を過ぎると、抗酸化力は徐々に低下していきます。

糖化とAGE

糖質を摂りすぎると、余分な糖分が体内のタンパク質や脂質と結びつき、「糖化」という現象が起こる可能性があります。

糖化するときに、AGE(終末糖化産物)という悪玉物質が多く発生します。AGEは体内のタンパク質に悪影響を及ぼし、老化を促進する原因になるのです。
糖化は、ハリ不足やたるみ、シミなどの肌老化の原因にも繋がります。また、骨や脳にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

紫外線

シミやシワなどの肌老化の原因の約7割程度は、紫外線の影響といわれています。紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類があります。
UV-Aは、肌のコラーゲンなどにもダメージを与え、シワやたるみの原因になる可能性があるのです。一方UV-Bは、シミの原因になります。

紫外線を浴びると、シミの原因になるメラニン色素が作られます。メラニン色素は、ターンオーバー(肌の生まれ変わりの周期)によって排出されます。しかし、ターンオーバーは加齢に伴って遅くなるため、メラニン色素が残りやすくなってしまうのです。

女性ホルモンの分泌量の低下

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、肌のハリに必要なコラーゲンや水分量を増やす役割があります。エストロゲンの分泌量は、年齢を重ねるにつれて徐々に低下していきます。特に、40代半ば頃から大きく減少していくといわれています。

エストロゲンが少なくなることで、肌のハリが低下してシワやたるみが起こりやすくなるのです。

アンチエイジングのためには生活習慣の見直しが大切

アンチエイジングを目指すためには、生活習慣の見直しが大切です。
毎日の食事では、抗酸化作用をもつビタミンEやビタミンC、アスタキサンチンなどの成分を意識的に摂取するようにしましょう。糖質の摂取量に注意して、栄養バランスの良い食事を心がけることも必要です。
女性の場合は、女性ホルモン様作用をもつイソフラボンを摂取するようにしましょう。

体の抗酸化物質の働きを高めるためには、軽い運動も必要です。しかし、激しい運動をすると、かえって活性酸素が増える原因になることがあるため注意しましょう。
また、毎日十分に睡眠をとることも大切です。睡眠中に働く睡眠ホルモン(メラトニン)には、強い抗酸化力があるといわれています。

アンチエイジングを意識した生活習慣を心がけよう

アンチエイジングは、老化のスピードを緩やかにするための取り組みのことです。老化は、酸化や糖化など様々な原因が絡んでいます。

老化を止めることはできませんが、少しでも若々しい印象を維持したい方は、アンチエイジングを意識した生活を実践してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました