UVケアをしよう!キレイな肌を保つための紫外線対策

スキンケア

UVケアをしよう!キレイな肌を保つための紫外線対策

「UVケアは大切」と、よく耳にする言葉ではありますが、何から始めていいかわからない方も多いのではないでしょうか。
誤ったUVケアをし続けると、肌に負担をかける恐れもあるので注意が必要です。
今回は、UVケアを始める方必見、紫外線対策の基本知識についてご紹介いたします。

UVケアとは?基本知識について

UVケアを始める前に、紫外線は3種類に分類されますが、その中でも「UVA波」と「UVB波」2種類の紫外線に気をつける必要があることを知っていきましょう。
1つ目の「UVA波」は1年を通して見られるもので、じっくりと時間をかけて肌に到達するや否や、シミの原因を作ります。
2つ目の「UVB波」は、春先から夏の終わりにかけて見られる紫外線で、日焼けの元と言われています。
UVケアをしないと、肌に赤みが出たり、ソバカスも増えたりするので、対策をしっかり行うことが大切です。

また屋外にいる機会が多い方、アウトドア派の方は特に、日焼け止めを念入りに、かつこまめに塗るように心がけましょう。
日焼け止めの量も少しだけ使う場合、肌全体に満遍なく行き届かず、期待する効能も発揮しにくくなるため注意です。

肌を焼きたくない方は、日焼け止めは「SPF」の数値が高いもの「PA」は数が多いものを選んでいきましょう。

UVケア対策を始める場合、まずは基本知識を知ることが大切です。

UVケアをしよう!気をつける点について

UVケアをする上で、敏感肌の方が使う日焼け止めは「SPF」の数値が高いもの「PA」の数が多いアイテムは、使うのを控えるようにしましょう。
人によっては、肌に刺激があるアイテムとなるため、ヒリヒリした痛みを覚えることがあります。
UVケア対策に最適と思いつつも、先に肌トラブルを引き起こす場合、元も子もありません。
店舗によっては、日焼け止めのテスターが置いてあります。
気になるアイテムを試しに使ってみる方法もおすすめです。
もともと「敏感肌用」にできている日焼け止めもあるので、自身に合うアイテムを選ぶようにしてください。

また、去年使った日焼け止めはUVケア対策に不向きと言えるため、使わないようにしましょう。
一度空気に触れた日焼け止めは、場合によっては劣化が確認できます。
思うような効果を期待できないこともあり、シミやソバカスを作る原因にもつながりやすいです。
なるべく日焼け止めは、今年購入したものを使うように心がけてください。

UVケアをしよう!おすすめの日焼け止めとは?

UVケアにおすすめのアイテムは、保湿が期待できる日焼け止めです。
炎天下の中、外にいる場合、肌の水分量も蒸発しやすい状況と言えるため、1日の終わりには肌の乾燥を自覚する方も多いことでしょう。
肌を保護するために、皮脂量の分泌が増加する場合もあります。
化粧崩れを引き起こす原因にもつながるため注意が必要です。
つきまして、肌をすこやかに保つために、保湿成分が配合された日焼け止めを進んで手にとっていきましょう。

また、UVケア対策に力を入れたい方は、クリームタイプの日焼け止めがおすすめです。
肌全体に満遍なく塗りやすいからです。

ウォータープルーフの日焼け止めは、海やプールに行く際に大活躍すること間違いありません。
フェスに行く、山登りをするなど、汗をかきやすい場面にも重宝します。
クリームタイプの日焼け止めは、UVケアをしっかり行えますがお湯のみでは落ちにくい特徴があるので、クレンジングは洗浄力が高いオイルタイプを使うのがおすすめです。

UVケア対策に最適と言えるアイテムを知った上で、自身に合う日焼け止めを選んでいきましょう。

UVケア対策には日焼け止めの「PA」「SPF」を意識しよう

UVケア対策をする上で、シミ・ソバカスを防ぎたい方は特に「PA」「SPF」の表示を意識した上で、最適なアイテムを手に取りましょう。
また、敏感肌の方は「PA」「SPF」の数値が高い・数が多いアイテムを使う場合、肌に負担をかける恐れがあるため、試しにまずはテスターから使っていく方法がおすすめです。

※参考:https://dermalogica.jp/日焼け止め/86932/
https://www.cosme.com/static/feature/dir/category/uvcare/

コメント

タイトルとURLをコピーしました