紫外線対策が必要な理由と対策方法を紹介!

スキンケア

肌を健やかに保つためには、スキンケアだけでなく紫外線対策も必要です。紫外線を浴び続けると、様々な肌トラブルに繋がる可能性があります。より効果的に紫外線から肌を守るために、正しい紫外線対策を学びましょう。

当記事では、紫外線対策が必要な理由と、正しい紫外線対策方法について紹介します。

紫外線対策が必要な理由とは

紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。紫外線の波長は短いですが、高いエネルギーがあります。

紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cという3つの種類があります。3つの紫外線のうち人の肌に影響を与えるのは、UV-AとUV-Bです。

地表に降り注ぐ紫外線のうち、約9割はUV-Aです。生活紫外線とも呼ばれるUV-Aは、波長が長いため雲や窓を通過し、肌の真皮にまで届きます。UV-Aを浴びると、肌のハリや弾力に必要なコラーゲンとエラスチンにダメージを与え、シワやたるみの原因に繋がる可能性があります。

また、UV-Aは、シミの原因になるメラニン色素を酸化させる作用もあるため、黒いシミの原因にもなるのです。

一方UV-Bは、レジャー紫外線とも呼ばれる波長の短い紫外線です。UV-Bは肌への作用が強いため、浴びると肌が炎症を起こして赤くなることがあります。UV-Bには、メラノサイトを活性化する作用もあるため、シミを招く可能性もあります。

紫外線は、シミやシワだけでなく肌の乾燥の原因にもなります。肌を健やかに保つためにも、紫外線対策が必要です。

紫外線対策方法を紹介!

肌老化の原因の約7割は、紫外線による影響といわれています。紫外線から肌を守るために、正しい紫外線対策を行いましょう。具体的に、どのような方法で紫外線対策をしたら良いか紹介します。

日焼け止めを塗る

紫外線から肌を守るためには、日焼け止めを毎日塗ることが大切です。日焼け止めを選ぶときは、パッケージに記載されている「PA」と「SPF」の数値をチェックしましょう。

PAは、UV-Aの防止効果の度合いを表しているもので、PA+~PA++++の4つの段階があります。+の数が多い程ほど、UV-Aに対する防止効果が高いと考えられます。

SPFは、UV-Bの防止効果を表している数値で、1~50+まであります。数字の数が大きいほど、UV-Bに対する防止効果が期待できます。

日焼け止めは数値が高いほど、紫外線によるダメージを抑える働きが期待できますが、肌への負担も大きくなるといわれています。そのため、ライフスタイルや季節に合わせて、適切な数値のものを選ぶことが大切です。

買い物などの日常生活で使うなら、PA+でSPF20程度のものがおすすめです。屋外で軽いスポーツをするときは、PA++でSPF30程度のものを。真夏に海や山に行ったりレジャーを行ったりする場合は、さらに数値が高いものを選びましょう。

日焼け止めは一度塗っても、洋服でこすれたり汗をかいたりすることで、落ちてしまう可能性があります。紫外線によるダメージから肌を守るために、日焼け止めは2~3時間おきに塗り直すようにしましょう。

日傘や手袋などのアイテムを使う

紫外線は、地面などで反射した「反射光」によって浴びてしまうこともあります。
反射光を浴びることを防ぐためには、日傘だけでなくUVカットの洋服やスカーフ、サングラスや手袋などのアイテムも使うことが大切です。帽子は、なるべくつばが広いものを選びましょう。

また、UV-Aは窓ガラスを通って室内にも入り込んでしまいます。室内で過ごす時間が長い方は、UVカットができるカーテンも使用することをおすすめします。

毎日のスキンケアで保湿をする

紫外線を浴びると、肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなる可能性があります。肌は乾燥すると、さらに紫外線などの外部刺激による影響を受けやすくなってしまうのです。

正常なバリア機能の働きを維持するためには、肌の保湿が必要です。紫外線によるダメージから肌を守るために、毎日のスキンケアで丁寧に保湿することを心がけましょう。

紫外線対策をして健やかな肌を維持しよう

紫外線は天候や季節に関係なく降り注いでいます。曇りの日でも、約80%程度の紫外線が届いているともいわれています。
季節やライフスタイルに合わせて、日焼け止めや日傘などのアイテムを選ぶことが大切です。肌を健やかに保つために、紫外線対策は毎日続けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました