眉間のシワは老け顔に見える!眉間のシワとりマッサージとスキンケア方法

眉間のシワは老け顔に見える!眉間のシワとりマッサージとスキンケア方法 スキンケア

悩み事がある時や体調が悪い時などに、眉間にシワを寄せる癖がある人も多いのではないでしょうか。眉間にシワを寄せることが習慣になっていると眉間のシワが深くなり、老けて見えたり印象が悪くなったりするため注意が必要です。そこで、自宅でできる眉間のシワとり方法を紹介します。

眉間のシワには種類がある

眉間のシワには種類がある

眉間のシワは、眉間周辺にある表情筋が伸びたり縮んだりすることによってできるシワを指します。眉間のシワは、顔の筋肉の形状や収縮に合わせていくつかの種類に分かれることが特徴です。
例えば、眉間に1本縦ジワが入っている、眉間のシワと同時におでこにもシワができる場合があります。また、眉間の周辺の筋肉に力が入っていると、眉間に複数のシワができる場合もあるでしょう。
眉間にシワができると、鼻の根元部分や目元にもシワができる原因になるため、十分注意が必要です。眉間周辺の筋肉に力が入った状態が長期間続くと、眉間のシワが定着し、シワが深くなります。

眉間のシワとりマッサージとスキンケア方法

眉間のシワとりマッサージとスキンケア方法

日ごろから顔のマッサージやストレッチ、スキンケアをすることによって、眉間のシワとり効果が期待できます。そこで、自宅で簡単にできる眉間のシワとり方法をチェックしておきましょう。

おでこをマッサージする

眉間のシワは、眉間周辺の筋肉だけではなく、おでこからつながる表情筋が収縮することによってできることが特徴です。そのため、おでこのマッサージをすると、眉間の縦ジワをとる効果が期待できます。

おでこのマッサージは、まず眉毛の上に人差し指から小指までの4本の指を置いて指に力を入れ、眉毛を持ち上げます。眉毛を持ち上げた状態で、眉間のシワが見えなくなる程度に左右に広げましょう。
指をおでこから頭頂部にかけてゆっくり移動させ、後頭部まで指を動かしたら頭皮を揉むようにマッサージします。頭皮が硬いと感じる場合には、手を大きく動かして揉みましょう。
縦ジワを伸ばしながら、眉毛から頭部までの血行を促進させることで、眉間のシワとり効果が期待できるマッサージです。

角質と保湿ケアをする

スキンケアをする際には、角質ケアをした後に保湿クリームでケアをしましょう。
まず、肌が硬いと感じる場合にはスクラブを使って角質を除去します。肌を擦るのではなく、優しく角質を除去できるスクラブを使用しましょう。
角質を除去したら保湿効果が高く肌にハリやツヤを与える効果が期待できるスキンケアアイテムを使用して、眉間のシワに成分を浸透させます。眉間のシワは乾燥が原因で目立つ場合があるため、乾燥が気になる場合にはパックも活用してしっかりと保湿することが大切です。

メイクでシワをカバーする方法

眉間のシワがどの程度深いのかによって異なりますが、コンシーラーやファンデーションを使ってシワをカバーしようと思っても、シワにメイクの成分が入り目立ってしまう場合があります。
眉間のシワをメイクでカバーする場合には、眉間のシワに直接メイクをするのではなく、眉間のシワの上の部分にパールが入ったハイライトを乗せて指でぼかしましょう。
パール入りのハイライトを乗せることによって、人の視線がハイライト部分に集中するため、眉間のシワが目立ちません。

眉間のシワとりをしながらシワができるのを予防しよう

顔の筋肉がこわばった状態が長時間続くと、眉毛の上の筋肉や鼻の根元の筋肉、額の筋肉が凝って固まるためシワが定着してしまいます。眉毛の周りを指で押したりマッサージしたりして、筋肉をほぐすことが大切です。
特に、スマートフォンやパソコンを長時間見ている人はこまめに顔を上げ、表情筋を動かす癖をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました