日焼けはシミの原因に?対策を取ってキレイな肌をキープしよう

日焼けはシミの原因に?対策を取ってキレイな肌をキープしよう スキンケア

日焼けしたまま、何もせず放置すると、シミの原因になるため注意が必要です。
キレイな肌でいるためにも、日々のスキンケア対策には力を入れていきましょう。
今回は、日焼けとシミの関係、予防方法、おすすめアイテムについてご紹介いたします。

日焼けとシミの関係!基本知識について

日焼けとシミの関係!基本知識について

日焼けの種類は「サンバーン」と「サンタン」の2つにわけられます。
サンバーンは、紫外線を浴びた1日以内に、肌が赤くなる状態です。
サンタンは、肌のヒリヒリが収まった後、黒く沈着を起こす状態です。
サンバーンとサンタンの間に、シミの原因になるメラニン色素が分泌されると言われています。
紫外線を浴びる機会が多い方ほど、シミができやすくなるため注意することが大切です。

日焼けをしてもすぐにシミになるわけではありません。
日焼けはターンオーバーにより、時間経過とともに垢として体内に押し出されます。
紫外線によるダメージが大きい方ほど、シミの元となるメラニン色素の分泌が激しくなります。
つきましては、アウトドア派の方、UVケア対策を怠りやすい方は、日焼けによりシミができやすいので気をつけてください。

美肌を目指したい方ほど、日焼けとシミの関係性について知っておきましょう。

日焼けによるシミを防ぐために必要なこと

日焼けによるシミを防ぐために必要なこと

日焼けによるシミを防ぐためには、紫外線対策を取ることです。

肌に日差しを浴びる機会を物理的に避けることが大切です。
しかし、一日中家にいるわけにも行きません。
家の中にいても、窓から日差しを浴びる恐れがあるため、100%シミ予防をすることは難しいと言えます。

紫外線対策として、日焼け止めを忘れずに塗ったり、暑い日でもメッシュ素材の長袖を着たりしましょう。
日傘や、顔全体を覆うフェイスカバー、手袋を使う方法もおすすめです。
ファッションの中に取り入れやすいオシャレなアイテムも増えています。

日焼けをした後は、保冷剤で肌を冷やしてあげましょう。
熱を逃してほてりを抑えることで、メラニン色素の分泌を抑制することができます。
痒みが生じた場合、刺激を与えず、なるべく触らないようにしてください。

近くに保冷剤がない方は、冷たく濡らした手を日焼け部分に当てる方法がおすすめです。
急激に日焼け部分を冷やさないので、優しく炎症を抑えられます。

日焼けによるシミを防ぐためには、肌ケア対策のアイテムを使ったり、冷やしたりすることが大切です。

日焼けによるシミを改善させたい!おすすめのアイテムとは

日焼けによるシミを改善させたい!おすすめのアイテムとは

日焼けによるシミにおすすめのアイテムは、美白有効成分が含まれた化粧水です。
「m-トラネキサム酸」「4MSK」の成分は、は、メラニン色素の生成を抑える効果が期待できます。
また、シミは肌の乾燥が大敵です。
肌に潤いを与える、保湿力に優れた化粧水を使うことも大切です。
化粧水は適量以上にたっぷり手に取り、肌全体に満遍なく塗り込むようにしましょう。

忙しい方は、化粧水、美容液、乳液の役割が含まれた、ジェルタイプのスキンケアアイテムがおすすめです。
オールインワン化したアイテムは、手軽にシミケアが続けられるメリットがあります。
ジェルタイプは、肌に滑らかに浸透しやすいので、オイリー肌、乾燥肌の方にもぴったりです。
特に、シミが気になるポイントに優しく塗り込むようにしましょう。

休日には、美白有効成分が含まれたパックをする方法もおすすめです。
肌のバリアを整えてくれる他、ターンオーバーの促進を促します。
シミを薄くするためのスキンケアができます。

日焼けによるシミを改善させたい場合、美白有効成分が含まれた保湿力が高いアイテムを手に取りましょう。

日焼けのシミ予防には「m-トラネキサム酸」が含まれたアイテムを!

日焼けとシミは切っても切れない関係となるため、日頃から紫外線対策を取ることが大切です。
日焼け直後のスキンケアこそ、美白有効成分が含まれつつ、保湿力が期待できる化粧水を使っていきましょう。
ターンオーバーを促しながら、シミを薄くする期待が持てます。

※参考:https://medical.shiseido.co.jp/ihada-lab/article/ih38.html
https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/sp/DB005959/

コメント

タイトルとURLをコピーしました