産後にできるシミの対処法!薄くするために必要なこと

産後にできるシミの対処法!薄くするために必要なこと スキンケア

産後に顔を見たら、シミが増えていてがっかりした経験を持つ方も多いでしょう。
適切な対処法を取ることで、シミを薄くする期待を持つことができます。
今回は、産後にできるシミの対処法、おすすめアイテムについてご紹介いたします。

産後にできるシミとは?種類の特徴について

産後にできるシミとは?種類の特徴について

産後にできるシミの種類は、さまざまありますが、遺伝など他の要因が加わってできるものも多いです。
「産後」もシミができるきっかけの一つとなりますが、他の外部要因が関わっていることも知っておきましょう。

シミの種類は「色素沈着」「そばかす」「肝斑」「老人性色素斑」の大きく4つに分けられます。

色素沈着は、ケガ、虫刺されの後にできやすく、痒い部分をかくことでシミが目立ちやすくなる特徴があります。
そばかすは、遺伝の影響、色白の方がなりやすく、外部的要因には紫外線が関わっていることが多いです。
肝斑は、ストレスやホルモンの乱れにより現れやすく、30、40代を中心にできやすいと言われています。
老人性色素斑は、屋外にいる機会が多いながら、十分なUVケア対策をしていない方に現れやすいです。

産後にできるシミは「肝斑」であることが多いです。

産後にできるシミを薄くするための対処法

産後にできるシミを薄くするための対処法

産後のシミには、ストレスを溜めずにリラックスすることが大事です。
ホルモンの乱れが原因でシミが悪化する恐れがあるので、気持ちを楽にしていきましょう。

育児・家事も、大変だと感じたら、夫や周りの大人に助けを求めてください。
一日赤ちゃんを預かってもらい、美容院や買い物に行くのも良い気分転換になるでしょう。
シミが大きくなると「気持ちが休まっていない証拠」とみることができます。
健康をはかる一つのバロメーターにする方法がおすすめです。

また、寝不足もシミを悪化させる原因になります。
肌をキレイにみせるためには、ホルモンを安定させてくれる、良質な睡眠が欠かせません。
産後は、まとまった睡眠時間が確保できない場合も多いですが、空き時間を見つけたら数十分でも眠ることを心がけていきましょう。

産後のシミには、気持ちを穏やかに保ったり、睡眠時間を確保したりすることが大切です。
育児・家事を優先にするのも良いですが、自身を労ることも忘れないでください。

産後にできるシミのおすすめ美容アイテム

産後にできるシミのおすすめ美容アイテム

産後のシミには、ビタミンCが配合された美容アイテムを使っていきましょう。
ビタミンCは、シミに良いとされる栄養素の一つとしても名高いです。
日々のスキンケアの中で、気になるシミのポイントに美容アイテムを優しく塗り込んでいきましょう。
一日のみでは変化を感じ取ることはできませんが、時間経過とともに少しずつシミが薄くなる期待が持てます。

また、肌に優しいとされる、オーガニックの化粧品を使う方法もおすすめです。
刺激がある化粧品を使うことで、シミも悪化する恐れがあるので気をつけていきましょう。
化粧後、肌がヒリヒリする感覚を覚えるなら、自身に合わない美容アイテムを使っていることが多いです。
「肌に違和感がある」「肌内部が痒い感じがする」など直感的にでも、肌に嫌な感覚を覚えたら別な美容アイテムを使いましょう。
「敏感肌用」にできている化粧品も、肌に優しい特徴があります。

他にも、無香料の美容アイテムを使う方法がおすすめです。
薔薇、ミントなど、香りがするものは、肌に強い刺激を与えることがあります。
また、産後は、ホルモンのバランスが崩れやすいことから、今まで使っていた化粧品の香りにもクラッとくることも多いです。
「うっ」と気分が悪くなる方は特に、無香料の美容アイテムを進んで使っていきましょう。

産後のシミには「ビタミンC」が含まれた美容アイテムを!

産後のシミには、ビタミンCが配合されてある美容アイテムを使うようにしましょう。
肌に強い刺激を与える化粧品も、シミを悪化させる恐れがあるので気をつけてください。
日々の丁寧なスキンケアこそ、産後のシミを薄くする期待が持てます。

※参考:https://domani.shogakukan.co.jp/286759
https://mitakabiyou.com/sp/column/postpartum/

コメント

タイトルとURLをコピーしました