お腹にあるシミを薄くする方法!適切な対処法について

お腹にあるシミを薄くする方法!適切な対処法について スキンケア

お腹にあるシミがいつまでも消えないなら「ずっとこのままだろうか」と、悩んでしまう方も多いことでしょう。
適切な治療法を受けることで、徐々にシミが薄くなる期待が持てます。
今回は、お腹にあるシミを薄くする方法、適切な対処法についてご紹介いたします。

お腹にあるシミとは?種類について

お腹にあるシミとは?種類について

お腹にあるシミは「扁平母斑」であることが多いです。
扁平母斑は、体の至るところで確認できるシミの種類の一つとなります。
大きさは1円玉サイズのものから、人差し指と親指で丸を作ったサイズ以上のものなどさまざまです。
丸い形ではなく、雲のようにぼんやりとした形であることが多いと言えます。
茶色く薄いシミであることから、人によっては擦って落とそうと考える方もいます。
シミに強い刺激を与えてしまうと、悪化する恐れがあるため、なるべく触れないように気をつけてください。

また、シミが膨らんでいる場合「脂漏性角化症」であることが多いです。
脂漏性角化症はイボに見えることも多く、色は茶色や黒などタイプによってもさまざまです。
放置すると、大きさが増し、数も増えていくため注意してください。

扁平母斑と脂漏性角化症は、皮膚科クリニックで保険適応の治療が受けられるため、シミが気になる方は治療を受けることをおすすめします。

お腹にあるシミを薄くする方法!原因について

お腹にあるシミを薄くする方法!原因について

お腹にある「扁平母斑」ができる原因は、生まれつきと言えます。
子供の頃からシミが確認できる場合、生まれつきの可能性が高いです。

また、思春期に入る頃に、突如お腹に現れるケースも挙げられます。
シミがさほど気にならない方は、害はないため、様子を見る方向性でいるのが良いでしょう。

また「脂漏性角化症」ができる原因は加齢によるものと言えます。
50代、60代の方は進行したシミが確認されやすくなります。

しかし、20代から確認できる場合、遺伝によるものと言えるでしょう。
害はないですが、人によってはポツポツとふくらんだシミが気になる方もいます。
時間経過とともに今以上にシミが大きくなる恐れがあるので、保険適応の治療を検討する方法もおすすめです。

お腹にあるシミ扁平母斑と脂漏性角化症は、体質によるもので害はない場合がほとんどです。

お腹にあるシミを薄くする方法!治療法について

お腹にあるシミを薄くする方法!治療法について

お腹にある扁平母斑と脂漏性角化症を薄くしたい場合、皮膚科クリニックで治療を受けられます。
保険適応となるため、費用を抑えてシミを薄くすることができます。

扁平母斑の場合、レーザーによる治療方法が一般的です。
気になるシミ部分にレーザーを照射し、半年以上の時間をかけて薄くしていきます。
人によってはヒリヒリとした痛みを感じることがありますが、我慢できるレベルです。
一度の照射のあとは、3ヶ月以上期間を空けていきます。
レーザー照射後は、経過観察をするために、度々クリニックに足を運ぶことが必須です。
もともと扁平母斑のシミが薄い方は、治療期間も短くなる期待が持てるでしょう。

また、脂漏性角化症の場合、炭酸ガスレーザーで治療をします。
大きさが2mmを超えるシミを持つ方は、液体窒素の治療方法が推奨されます。
局部麻酔を受けたあと施術に入ります。
小さなサイズのシミは、施術を受けると色素沈着を起こす恐れがあるでしょう。
治療後は、お腹が赤くなったり、傷として残ったりする場合がありますが、痛みがそれほど感じない方もいます。
また、自宅で、お腹に対してクリームを塗る必要が出てきます。
副作用を考慮した上で、施術を受けるようにしてください。

扁平母斑と脂漏性角化症の治療を受けたい場合、クリニックの先生と念入りなカウンセリングを交わす必要があります。

お腹にあるシミはクリニックで薄くすることができる

お腹にあるシミは扁平母斑と脂漏性角化症であることが多いです。
原因は生まれつき・加齢に伴うものが多く、害はないため、シミが気にならない方は様子を見る方法が推奨されます。
シミを薄くしたい方は、皮膚科クリニックに足を運ぶことで、保険適応の施術を受けることができます。

※参考:https://www.hibiya-skin.com/subject/shimi_01.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました