シミを消したい!自分でシミを消すための生活習慣とスキンケア方法

シミを消したい!自分でシミを消すための生活習慣とスキンケア方法 スキンケア

顔のシミが目立ってメイクでは隠せない、自分の顔のシミを見て自信をなくしてしまうという人もいるでしょう。シミを消したいと考えていても、セルフケアで消す方法はあるのか、美容医療を受けなければいけないのかと、疑問や不安を抱く人も多いのではないでしょうか。
そこで、シミを消したい場合にどのような方法があるのか、シミを消す効果が期待できるセルフケアについて解説します。

シミには種類がある!4つのシミとそれぞれの特徴

シミには種類がある!4つのシミとそれぞれの特徴

シミは、主に4種類に分類されます。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

日光黒子

日光黒子は、30代から40代にできやすく、年齢を重ねると徐々に増えることが特徴です。日光黒子は薄いオレンジ色や濃いオレンジ色のシミであり、大きさにも幅があります。

肝斑

肝斑は、頬骨周辺にできます。輪郭がぼやけており、目の周辺には発生しないことが特徴です。

雀卵斑

雀卵斑はそばかすのことであり、色白の人ができやすいシミです。なお、雀卵斑は年齢を重ねるごとに濃くなるわけではありません。一般的に、3歳頃~10代前半までにできることが特徴です。

色素沈着

色素沈着は、肌が炎症を起こした後にできることが特徴です。肌細胞が生まれ変わることによって少しずつ薄くなりますが、紫外線の影響を受けたり、ターンオーバーが乱れたりすると、シミとして皮膚に残ってしまいます。

シミを消したい!自宅でできるセルフケア3つ

シミを消したい!自宅でできるセルフケア3つ

シミを消したい場合には美容医療を受ける方法も有りますが、セルフケアでシミを薄くしたり消したりすることも可能です。そこで、シミを消すために自宅でできるセルフケアを3つ紹介します。

スキンケアで肌のターンオーバーを整える

丁寧にスキンケアを行えば、肌細胞が生まれ変わる「ターンオーバー」の周期が整い、肌内部に蓄積したシミの元であるメラニンを排出する効果が期待できます。そのため、毎日正しい方法でスキンケアをしましょう。

スキンケアは、洗顔・保湿ケア・定期的なピーリングを行うことが大切です。
洗顔をする際には、洗顔料をしっかり泡立て、指でこするのではなく、泡を肌に乗せるようにして優しく丁寧に洗顔をしましょう。指で肌を強くこすると肌に負担がかかり、肌のターンオーバーが乱れるため注意が必要です。

保湿ケアは、化粧水、乳液もしくは美容クリームの順番で行います。肌が乾燥すると肌のターンオーバーが乱れるため、入念に保湿ケアをすることが大切です。

また、1週間に1回程度、ピーリングを行いましょう。ピーリングは、肌の表面に蓄積した古い角質を除去し、メラニンの排出を促す効果が期待できます。
なお、乾燥肌や敏感肌など肌が弱い人を除き、美白作用が強いハイドロノキンが配合された化粧品を使用する方法も有効です。ハイドロノキンは刺激が強いため、敏感肌や乾燥肌の人でなくてもパッチテストを行いましょう。

シミを消したいなら栄養価が高い食材を摂ろう

シミを消したい場合には、肌のターンオーバーを促すための食べ物を摂取することも効果的です。例えば、ビタミンA、ビタミンC、ビタミン Eなどは、肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。
ビタミンAが多く含まれている食べ物は、小松菜・人参・ブロッコリー、ビタミンCはパプリカ・レモン・トマト、ビタミンEはピーナッツ・アーモンド・かぼちゃなどです。様々な栄養素をバランス良く摂取しましょう。

規則正しい生活をする

シミを消したい場合には、乱れた生活習慣を見直すことも重要です。精神的なストレスや睡眠不足は、シミの原因になるため注意しましょう。
規則正しい生活をするためには、就寝前にスマートフォンやパソコン、タブレットといった強い光が出るものを見ないこと、最低6時間の睡眠をとること、昼夜逆転の生活をしないことなどが挙げられます。

シミを消したいなら正しいセルフケアを継続使用

シミを消すためのセルフケアは、即効性がある方法ではありません。そのため、シミが薄くなるように正しいスキンケア・生活習慣を毎日継続することが大切です。
スキンケアや生活習慣は、無理なく実践できるものから取り入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました