アイクリームの使い方と注意点を解説!潤いとハリのある目元を目指そう

アイクリームの使い方と注意点を解説!潤いとハリのある目元を目指そう スキンケア

アイクリームの使い方と注意点を解説!潤いとハリのある目元を目指そう

目元の乾燥や小じわなどのエイジングサインが気になったら、毎日のスキンケアにアイクリームを取り入れてみませんか?

アイクリームを使うことで、目元に潤いやハリを与える効果が期待できます。しかし、間違った使い方をすると逆効果になってしまうことも。

この記事では、アイクリームの使い方と注意点について紹介します。

アイクリームの使い方を紹介

アイクリームの使い方を紹介

アイクリームは、目元の肌の特性を考えて作られており、潤いやハリを与える成分が配合されています。アイクリームを正しく使うことで、目元の乾燥を防いで小じわができにくい状態をキープできるのです。

まず、アイクリームを使うタイミングや正しい使い方を紹介します。

アイクリームを塗る前に化粧水や乳液を使う

アイクリームは、基本的に化粧水や乳液を肌につけた後に使います。
洗顔をした後、まずは化粧水で肌に水分を与えましょう。化粧水を使うことで、その後に使うアイテムの成分が浸透(※角層まで)しやすくなります。

肌の潤いを維持するためには、水分だけでなく油分も必要です。化粧水を使った後は、乳液で油分を補いましょう。

乳液やクリームを使った後は、目元にアイクリームを使います。ただし、アイクリームの商品によっては使うタイミングが異なる場合があります。
アイクリームを使う前に、箱やパッケージなどに記載されている用法を必ず確認しましょう。

アイクリームを目元に優しく塗る

まず、上まぶたと下まぶたの数か所にアイクリームを少量ずつのせます。次に、薬指を使って、アイクリームを優しく伸ばします。

目元全体をケアするために、アイクリームは広めに伸ばしましょう。目の下側は、頬骨の上辺りまで広げることをおすすめします。

小じわが気になる部分は、片手でこめかみを引き上げて、シワの溝まで丁寧にアイクリームを塗りましょう。アイクリームは、こめかみの辺りまでしっかり塗ることが大切です。

目元に塗り終わったら、指の腹を優しく肌に押し当てて温めると、浸透アップ(※角層まで)が期待できます。

アイクリームを使うときの注意点

アイクリームを使うときの注意点

アイクリームは、デリケートな目元に使うアイテムです。アイクリームを使うときは次の注意点を意識して、正しくケアしましょう。

肌を強くこすらない

人の皮膚の厚さは約2mmですが、目元の皮膚はさらに薄いです。目元の皮膚の厚さは、他の部分の約3分の1程度しかありません。

また、目元は皮脂膜が作られにくいため、他の部分の皮膚と比べると摩擦や刺激などによる影響を受けやすいです。

アイクリームを肌に伸ばすときに、肌を強くこすってしまうと皮膚への刺激になり、乾燥や色素沈着の原因に繋がる可能性があります。
アイクリームを伸ばすときは、肌を強くこすらないように注意して、赤ちゃんの肌をなでるように優しく伸ばしましょう。
また、使用するアイクリームは、なるべく伸びがいいテクスチャーのものを選ぶことをおすすめします。

アイクリームは薬指を使って伸ばす

アイクリームを肌に伸ばすときに、人差し指を使うと力が入ってしまい、肌をこすってしまう可能性があります。
アイクリームを伸ばすときは力が入りにくい薬指を使うと、余計な刺激を与えずにケアできます。

アイクリームを薬指で伸ばすときは、アイクリームが目に入らないように注意しましょう。

アイクリームを正しく使って潤いとハリのある目元を維持しよう

アイクリームは保湿成分が配合されており、目元の潤いを維持して乾燥を防ぐ効果が期待できます。アイクリームを使うときは、デリケートな目元に刺激を与えないように注意して、正しい方法でケアしましょう。

乾燥による小じわやたるみなど、目元のエイジングサインが気になる方は、アイクリームを使ったケアを始めてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました