乳液の使い方を解説!正しく使って肌の潤いを保とう

乳液の使い方を解説!正しく使って肌の潤いを保とう スキンケア

肌の潤いを維持して乾燥を防ぐためには、化粧水だけでなく乳液も必要です。
しかし、「肌がべたつくから使いたくない」「脂性肌だから必要ないかな?」と思って、乳液を使っていない方も多いかもしれません。

乳液を正しく使うことで、肌の潤いをキープして健やかな状態を維持できます。この記事では、スキンケアに乳液が必要な理由と、乳液の使い方について解説します。

なぜ乳液が必要なの?

なぜ乳液が必要なの?

乳液は肌に油分を補い、化粧水や美容液で与えた水分と成分の蒸発を防いで、潤いを保つ役割があります。

本来、肌は表面にある角質層の天然保湿因子、細胞間脂質、皮脂膜によって潤いが保たれています。しかし、洗顔をすると汚れだけでなく、皮脂膜まで落としてしまいます。
皮脂膜が少ない状態だと、肌が乾燥しやすくなってデリケートな状態になります。このため、洗顔後は化粧水や乳液を使って、水分と油分を補うことが必要です。

化粧水は、水分や美容成分を与えることができますが、水分の蒸発を防ぐ役割はありません。このため、化粧水だけでは肌が乾燥しやすくなるのです。
また、肌の油分が少ないと、肌はアルカリ性に傾き、乾燥やくすみの原因に繋がる可能性があります。

潤いのある肌を保つためには、水分と油分を含む乳液も必要です。乳液を化粧水や美容液の後に使うことで、水分の蒸発を防ぐことができます。また、肌を弱酸性に保って健やかな状態を維持できるのです。

乳液の使い方を徹底解説

乳液の使い方を徹底解説

乳液を正しく使うことで、肌の潤いをキープすることができます。乳液を使うタイミングや乳液の使い方について解説します。

乳液を使うタイミング

乳液は、基本的に化粧水や美容液の後に使用しましょう。
洗顔後に、油分を含む乳液を先に使ってしまうと、化粧水や美容液の成分が角質層に浸透しにくくなってしまいます。

化粧水や美容液で水分や成分を与えた後に、乳液でフタをすることで潤いをキープすることができます。

ただし、乳液の商品によっては化粧水よりも前に使うものがあります。乳液を使う際は、パッケージなどに記載されている使用方法を確認して、正しく使用しましょう。

乳液を手でつける方法

乳液(1円~10円玉程度の量)を手のひらに出します。
乳液を手のひら全体にのばします。乳液を手のひらで少し温めることで、肌へのなじみもよくなります。
乳液を、乾燥しやすい頬や目元、口元からなじませます。べたつきやすいTゾーンは最後になじませましょう。
最後に、顔全体を優しくハンドプレスしてなじませます。乾燥が気になる部分には、少量を重ねづけしましょう。

乳液をコットンでつける方法

乳液(10円玉大の量)をコットンに出します。
顔の内側から外側に向かって、乳液を優しくのばします。コットンを肌に強くこすりつけると、肌にダメージを与えてしまうことがあるため、力を入れすぎないように注意しましょう。
乾燥が気になる部分には、少量を重ねづけすることをおすすめします。

乳液を使うときの注意点

乳液を使うときの注意点

乳液は肌の潤いを保つために必要ですが、つけすぎないように注意しましょう。1度にたくさんつけると、肌がべたついたり毛穴をつまらせたりすることがあります。
乳液を使う量は、適度に潤いを感じることができて、べたつかない程度の量が目安です。

また、乳液を使うときは肌を強くこすらないように注意して、優しくなじませてください。

乳液を正しく使ってツヤのある健やかな肌を保とう

乳液は、肌の潤いを維持して健やかな状態を保つために必要なアイテムです。乾燥肌の方だけでなく、脂性肌や敏感肌の方も乳液を使用して、肌の乾燥を防ぎましょう。

乳液は、化粧水や美容液の後に使うことで、水分と成分を閉じ込めることができます。手やコットンを使って乳液を肌に優しくのばして、肌の潤いを守りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました