洗顔のベストな回数とは?おすすめの方法と回数を決める上での注意点を紹介

洗顔のベストな回数とは?おすすめの方法と回数を決める上での注意点を紹介 スキンケア

洗顔は顔の汚れを取り除くために必要なスキンケアですが、1日の適切な回数はいくらであるか、気になる方も多いことでしょう。
必要以上に洗いすぎて、肌を痛めてしまっては本末転倒です。
今回は、洗顔の一日のベストな回数、回数を決める上での注意点についてご紹介いたします。

洗顔のベストな回数を知る前に!役割を知ろう

洗顔のベストな回数を知る前に!役割を知ろう

洗顔の役割は、顔の汚れを落として、化粧水を肌に浸透しやすくすることです。
肌をすこやかな状態に保つためには、洗顔は重要なポイントとなります。

朝起きたとき、寝汗により顔がベタついていることは多いです。
室内のホコリも知らないうちに顔に付着しやすいです。

夜寝る前のメイクを落とす段階では、ベタつく皮脂が肌についています。

洗顔をすることで、肌を清潔な状態に保ちやすくなります。
気持ち的にもスッキリすることが多いでしょう。

化粧水も肌に馴染みやすくなるため、うるおい肌を目指すことができます。
化粧ノリも良くなるため、少ないファンデーションでも顔を綺麗に見せやすいです。

洗顔は毎日する必要がある、大事なスキンケアです。

洗顔のベストな回数について

洗顔のベストな回数について

洗顔のベストな回数は、ズバリ朝と晩の2回です。
朝起きたときと、夜寝る前は肌に多くの汚れがついている状態です。
適切なスキンケアをおこなっていきましょう。

朝の洗顔は、目を覚ましたり、化粧ノリを良くしたりするのに役立ちます。
夜の洗顔は、皮脂を落とすため、寝る前に清潔な肌でいるためにするのに役立ちます。

2回とも、肌に負担をかけないように丁寧に洗顔してください。
時間に余裕を持つことで、雑に肌を洗うことも防ぎます。
しかし、時間のかけすぎは、肌に負担をかける心配があります。
乾燥肌の方は、肌がさらにかさつきやすい状態にするため、気をつけましょう。
丁寧さと素早さを、上手に使い分けていくことが大切です。

また、顔をお湯で洗う方法も、余分な皮脂を取り除きやすいです。
なるべくぬるま湯、常温の水で洗うようにしてください。

夜の洗顔は、お風呂に入ったついで、シャワーで洗い流す方も多いですが、両手を使って、頬を優しく包み込むように洗っていきましょう。

毎日の洗顔は、朝と晩の2回、丁寧かつ優しくおこなうことが大切です。

洗顔の回数を決める上での注意点

洗顔の回数を決める上での注意点

洗顔の回数を決める上での注意点は、肌の状態を意識することです。
肌が弱い方は、洗顔をしすぎると痒みが増したり、赤みが生じたりします。

洗顔のベストな回数は2回ですが、いかなる時も自身の肌状態を見た上で決めてください。

屋外でスポーツに励む方は、朝、昼、晩、クリームを使わず、顔を洗う時もあるでしょう。

洗顔は2回と決めながら、朝は、軽く顔を水に触れる程度、夜のみ洗顔フォームを使って洗う方もいます。

また、自身に合っていない洗顔フォームを使うと、肌の余分な皮脂まで落とすことがあるので注意が必要です。
洗顔をする上で、回数を決める以前の問題となるため、気をつけていきましょう。

オイルタイプのものは、洗浄力が高いですが、人によっては合わないことも多いです。
肌がピリピリすると感じた時は、肌に潤いを与える、保湿効果が期待できる化粧水を十分に塗っていきましょう。

逆に、顔を触った時、ベタついた感覚を覚える場合、洗顔が不十分な場合が多いです。
一日の洗顔の回数を見直したり、洗い残しがないか確認したりしましょう。

洗顔の一日のベストな回数を知った上で、自身の肌状態を考慮しつつ、決めるようにしてください。

洗顔の回数は朝と晩の2回にすることが大切

洗顔は、朝起きた時、夜寝る前の2回がベストです。
やりすぎは余分な皮脂量を落としたり、肌に負担をかけたりします。
ぬるま湯、または常温の水で洗うことも心がけましょう。
しかし、いかなる時も自身の肌状態を確かめた上で、洗顔のベストな回数を見つけるようにしてください。

※参考:https://www.duo.jp/skincare/sengan/1804/
https://proactiv.jp/about-acne/prevention/021

コメント

タイトルとURLをコピーしました